Sheet Metal Painting

板金塗装は何のためにするのか

車

車をぶつけたりしたときには、板金塗装をする必要性があります。車内に問題がないのであれば多少のへこみなんかは気にしない、と言う人もいますが、基本的には直した方が良いでしょう。
まず、実は耐久性に大きく影響してくることであるからです。剥がれがありますと錆びる可能性が高くなっていきますし、見栄えも悪いです。ですから、板金をしてもらって、塗装もやり直します。何もすべてやる必要はなく、その部分だけ、ということができますから、心配することはないでしょう。費用的にもそこまで板金塗装にお金がかかるわけではないです。塗装の費用も大したことはない場合が多いです。もちろん、これはぶつけた度合いにもよりますが長く使いたいのであればやはり直すのがベストであるといえます。
板金塗装をどこに依頼するのか、ということもあるでしょう。知り合いにそうした業者の人がいればそこでよいです。信用できるのかどうか、というのが大事なポイントであるからです。何のためにやるのかといえば耐久性と見栄えをよくするためです。ぶつかって削れた、歪んだ状態では色々とよくないことがあるからです。まずは見積もりを出してもらって、依頼するかどうかを決めるとよいでしょう。

雨樋の板金塗装の注意点

雨樋の板金塗装を行う場合に重要なのは、塗料定着の為の下地処理と他の外壁塗装などと同じ等級の塗料で板金塗装を行う事が重要になります。このうち、下地処理は全ての塗装工事においても重要で、下地処理を行わない施工業者は悪質な業者と考えて差し支えないでしょう。同じ等級の塗料で塗装を行う重要性についてですが、仮に外壁をフッ素系塗料で塗装して雨樋だけをウレタン塗料で塗装をした場合、雨樋の塗装の劣化が外壁塗装の劣化よりも早くなってしまいます。こうなると、雨樋だけを再び塗装する必要性がでてしまい、あまり経済的ではありません。ですから、塗装の劣化を均一にする事が重要に…

Copyright © 2016 車に傷がついたりへこんだりした場合は素直に板金塗装に出すべき All Rights Reserved.