Sheet Metal Painting

信用できる板金塗装業者がベスト

車のシルエット

車に傷がついたり、へこんだりした場合は素直に板金塗装に出すべきです。つまりは、直して貰うわけです。板金塗装は板金と塗装という二つの工程が行われるわけですが、素人としては一緒にやってもらえる、という考えで十分です。当たり前ですがポピュラーなやり方がありますが、その中でも技術の差はあります。ですから、良い業者を見つけることが必須になります。
ちなみに費用ですが、さすがに万単位を超えるのが当たり前になっています。すぐに直せるような細かい傷などであれば別ですが、車を預かり、へこみを直し塗装もするとなりますと結構な時間とスペースが必要になります。その為の技術料がかかる、というのはある意味では当たり前であるといえます。板金のやり方は意外と方法が少ないのですが、あまり個人でやろうとはしないほうがよいです。少なくともそれなりの高級車であるならば自分で直すのはあまりにもリスキー過ぎるといえます。しっかりと綺麗にして欲しいのであれば基本的には業者に依頼することです。
インターネットで業者を探しても良いのですが、一番よいのは伝手を使うことです。さすがにそれが最も良い方法であるといえます。信用できる板金塗装業者がベストです。

板金塗装の原則的なこと

板金塗装というのは、要するに車のことを指します。別に板金や塗装という行為自体は車に限定されるわけではないですが、普通、板金塗装といえば車の修理の工程をいいます。板金と塗装、という二つの工程があり、これが合わさった言葉になります。
板金とは作業としては、金属の形を整える、ということになります。様々な器具を使い、平らかにしていく、ということになります。例えば、最もポピュラーなやり方としては板金ハンマーと当て板を使うタイプです。これをハンマリングと呼ぶのですが、一番多いやり方です。これでへこんだ部分を直し、傷を修復します。そして、塗料を塗装するわけです。工程としては、塗装が後になります。自動車の傷の部分は特に気にしない、という人もいます。それはそれで一つの考え方としては悪いわけではないです。要するに傷がついていようと動くのであれば問題ないわけです。そうした人もいますが、やはり見栄え的には直したほうがよいでしょう。更に言うのであれば長く使うためにも必要になります。
ですから、長く使うのであれば板金塗装は必須であるといえます。そうしないと車の傷はどんどん広がっていくことになります。錆も広がるのです。

板金塗装を依頼すること

どうしても車というのは傷をつけてしまうことがあります。本人がどんなに気をつけていても仕方ないことはあります。もちろん、自分のミスもあるでしょう。兎に角、傷や凹みは早い段階で板金塗装していおいたほうがよいでしょう。これは何故かといいますと、そこからどんどん劣化が早まって行くからです。板金とは、傷や凹みを治すことであり、塗装はそのままの意味で塗料を塗ることです。一緒になっていることが多いですが、板金塗装の工程としては別物になります。
まずは板金から行い形を整えます。そもそもどの程度、その工程が必要であるのか、ということで実はかなり費用が違ってきます。これは当然であり、その分、時間がかかりますし、部分的に溶接し直す必要があるともなりますとかなりの費用になります。それは覚悟しておくべきでしょう。その後、塗装をするわけですが、これは車体に会わせる必要があります。車はとても高価な財産になります。少しでも価値を落とさないようにする、というためには塗装はしっかりとしておいたほうがよいです。傷を意外とそのままにしている人がいます。その人の自己判断でもありますが、少しでも長く使う為には必須になります。良い板金塗装業者を使うことです。

雨樋の板金塗装の注意点

雨樋の板金塗装を行う場合に重要なのは、塗料定着の為の下地処理と他の外壁塗装などと同じ等級の塗料で板金塗装を行う事が重要になります。このうち、下地処理は全ての塗装工事においても重要で、下地処理を行わない施工業者は悪質な業者と考えて差し支えないでしょう。同じ等級の塗料で塗装を行う重要性についてですが、仮に外壁をフッ素系塗料で塗装して雨樋だけをウレタン塗料で塗装をした場合、雨樋の塗装の劣化が外壁塗装の劣化よりも早くなってしまいます。こうなると、雨樋だけを再び塗装する必要性がでてしまい、あまり経済的ではありません。ですから、塗装の劣化を均一にする事が重要に…

Copyright © 2016 車に傷がついたりへこんだりした場合は素直に板金塗装に出すべき All Rights Reserved.